基礎代謝とダイエット

基礎代謝とダイエット

 

年齢を重ねると、体のあちらこちらの肉付き?脂肪付き?がよくなってきますよね。

 

食べたら食べた分だけ太ってしまうような気がする…それは気がするのではなく、若い頃に比べて確かに太りやすい体質になっています。
その若い頃との大きな違いは『基礎代謝』なんですよね。

 

私たちの体は、横になって全く何もしないでじっとしていても動いていますよね。
心臓を動かしたり、呼吸をしたり、体温を保ったり…
人が生きていくのに必要最低限の機能を維持するために消費されるエネルギーが、基礎代謝です。

 

普段はあまり考えたこともないかも知れませんが、毎日の生活で消費する総エネルギー量の60〜70%がこの基礎代謝で占められています。
そして、生活活動で消費するエネルギー量は20〜30%、食事が10%くらいです。

 

この割合から見ると、体脂肪を減らそうとして運動をする人がいますが、よほど激しい運動か長時間の運動でない限り、大した消費エネルギー量
にはならないということがわかりますよね。
ですから、痩せやすく太りにくい身体であるためには、基礎代謝が高いことが絶対条件なのです。

 

 

しかし、基礎代謝というものは、成長期をピークにその後は年齢と共に緩やかに低下し、40代を過ぎると急激に低下してしまいます。
若い頃と同じような生活と食事量を保っていても、40代に差し掛かる頃には、食べた物が消費しきれずにそのまま蓄積されて、ちょっと見苦しい体型に変わってしまいますよね。

 

基礎代謝が低下して余ったエネルギーが脂肪となって蓄積してしまう量は、40歳になるころは18歳ころに比べて男性では+7kg、女性では+6kgほど増えているという悲しい結果が現れています。

 

 

そこで考えるのが、ただ単にカロリー摂取を減らせば…ということでしょうが、そればかりではダメなんですよね。
栄養バランスも考えずに食事量を減らしても、筋肉を作るたんぱく質や代謝を促進するビタミンやミネラルまで不足いてしまうことになってしまうので、加齢以上に基礎代謝が低下してしまい太りやすい体質に陥ってしまう可能性もあるのです。

 

ですから、極端な食事制限を行うより、積極的に体を動かしたり、ストレッチやトレーニングで基礎代謝を上げる努力すること、そして良質なたんぱく質、ビタミンB群やミネラルなどを豊富に取りいれたバランスの良い食事を心がけることが、理にかなったダイエットになるのです。

 

『体組成計』が身近にあると、モチベーションも上がりますよ。

 


 

基礎代謝とダイエット関連ページ

小さなダイエットから
ダイエットしたいのであれば、単純に摂取カロリーを抑えて消費するカロリーを上げれば、自然に痩せることができます。食事のコントロールと適度な運動から始めてみましょう。
低炭水化物ダイエットって?
アメリカでは低炭水化物ダイエットがはやっていますが、日本人には不向きと言えるでしょう。日本人には日本人にあったダイエットを取りれたいものです。
ポッコリお腹にさようなら
ポッコリお腹にさようならするには、腸内環境を健全にする!ことが重要です。
体内時計を利用したダイエット
体のメカニズムを利用して「脂肪を溜め込まない時間帯」にしっかりと食べて、無理なく自然にダイエットする。これが、体内時計を利用したダイエットです。