体内時計を利用したダイエット

体内時計を利用したダイエット

 

スリムなボディは羨ましくなりますよね。

 

若い頃は何をしても何を食べても、何の苦労もなくスリムなボディでいられたのに、それがいつの間にか『ダイエット』として悩みの種になっていますよね。

 

ダイエットの方法は本当にたくさんあり、あれもこれもとチャレンジしてきた人が多いかと思いますが、効果は現れていますか?

 

ダイエットとは、ただ単に体重を落せばいいわけではないんですよね。体のメカニズムを知り得た上で、より効果的でかつ自分に合ったダイエット法がいちばんだと思います。

 

 

私たちの体には、24時間周期の『体内時計』というものが刻み込まれていますよね。
朝陽を浴びれば自然に目覚めて体がリセットされ、日中の心と体の活動の準備に入ります。
そして夜になれば体の休息状態にスイッチが切り替えられます。夜になると自然に眠りにつくのも、この体内時計が働いているからですし、時間になればお腹も空き、疲れれた時には体を休めようと働く…

 

全ては体内時計によって体の様々な生体リズムが調整されています。このリズムが乱れれば、体の代謝機能が低下し、体のあらゆる機能が正常に働かなくなってしまいます。

 

 

その体内時計を管理しているのが、人の細胞の1つ1つの存在する20種類もある『時計遺伝子』という遺伝子です。
その中でもダイエットのカギを握っているのが『BMAL1』と言われるもので、体内に脂肪を溜め込みやすい時間帯と、また吸収しやすい時間帯があることがわかっています。

 

以前、某テレビ番組でも紹介されていましたが、もともとBMAL1という遺伝子は、体内に脂肪を溜めこむという指令が出される遺伝子なのです。
でも、この指令にも24時間の間でも指令の強弱があり、BMAL1の働きがいちばん弱い時間は午後3時ころで、それから深夜に向かって徐々に強くなり、夜10時以降を境にまた弱くなります。そのリズムを上手く利用すれば、食べる量に関係なくダイエットできるというものです。

 

よく、夕食はカロリーを抑えて夜8時ころまでに済ませると良いと言われているのも、この時間遺伝子の働きを指していたことになります。

 

 

基本的には、朝食は脳に刺激を与えて時計遺伝子をリセットする役割になっていますから、朝食抜きという生活は絶対にNGです。

 

起床後1時間以内にはしっかり食べることです。そして、昼食はボリュームのあるメニューで腹持ちがよいものを食べ、3時のおやつもOKです。でも、夕食はカロリーを抑えて、夜食などは絶対に摂らないようにすれば、体のメカニズムを利用して「脂肪を溜め込まない時間帯」にしっかりと食べて、無理なく自然にダイエットできるというわけですよね。

 

 


 

体内時計を利用したダイエット関連ページ

小さなダイエットから
ダイエットしたいのであれば、単純に摂取カロリーを抑えて消費するカロリーを上げれば、自然に痩せることができます。食事のコントロールと適度な運動から始めてみましょう。
低炭水化物ダイエットって?
アメリカでは低炭水化物ダイエットがはやっていますが、日本人には不向きと言えるでしょう。日本人には日本人にあったダイエットを取りれたいものです。
ポッコリお腹にさようなら
ポッコリお腹にさようならするには、腸内環境を健全にする!ことが重要です。
基礎代謝とダイエット
極端な食事制限を行うより、積極的に体を動かしたり、ストレッチやトレーニングで基礎代謝を上げる努力すること、そして良質なたんぱく質、ビタミンB群やミネラルなどを豊富に取りいれたバランスの良い食事を心がけることが、理にかなったダイエットになるのです。