ホットヨガに関する素朴な疑問にお答えします!

ホットヨガの素朴な疑問にお答えします。

 

◇ダイエットに良さそう!?
◇たっぷりと汗をかくから、美肌効果も期待できるかも!?
◇終わったあとの爽快感、ストレス解消にも良さそう!?

 

など、ホットヨガの良さ、ホットヨガの効果を感じ取ることが出来てきたことでしょう。

 

でも、いくつかの素朴な疑問がまだ残っていませんか?
ここでは、これからホットヨガを始めてみようと思う方が抱く、「素朴な疑問」について、お答えします!

 

服装や持ち物は、どうすればいいの?

 

ホットヨガを行う際の服装


静かでゆったりとした動作が特徴のホットヨガでは、どんな服装で出かけてもエクササイズをすることができます。スポーツジムで運動をする時をイメージすれば、自ずと動きやすい服装というのがイメージされるかもしれません。

 

最近では、ヨガブームによってヨガウェアも多数市販されています。メーカーから発売されているヨガウェアのモデル商品を見れば、ぴったりした感じのシャツやパンツを身につけています。素材はスポーツクラブやジョギングをするような、速乾性の高いさらっとした化学繊維であることがほとんどです。

 

ホットヨガの場合、鏡で自分のシルエットを確認しながらポージングを進めていきます。ヨガは、ポーズを一つ一つ丁寧にこなして形を忠実に守ることで、最大の効果を引き出すことができるからです。そのためには、大きめのシャツで体のラインが見えないのは、ヨガウェアとしては不向きといえます。肌と密着するような、ぴったりサイズのキャミソールやタンクトップ、ブラキャミソールなどがおすすめです。そして、布地は、すぐに乾きやすい機能的な素材を選ぶようにしましょう。

 

一方、パンツもトレーニング用のものを選ぶと無難です。ただし、スポーツウェアのパンツの中には、お尻まわりや太ももあたりを締め付ける機能性ウェアも出回っています。ホットヨガをする際は、こうしたパンツは避けることをおすすめします。なぜなら、ポーズの形を取っていくのに密着感が強いと、布地の食い込みやお肌へ痛みを感じやすいからです。ヨガウェアに適しているパンツは、ある程度サイズ感に余裕があって伸縮性の高い素材を用いた商品から選ぶようにしたいものです。

 

ちなみにホットヨガで最低限持っていきたいアイテムとしては、ヨガウェアのほかにも、タオル類汗をかいた服を入れるスタッフバッグやビニール袋などがあります。もし余裕があれば、ホットヨガ愛好者に人気の、ヨガラグ(マットの上に敷く汗取りタオルのようなもの)もあると、さらに楽しめるでしょう。

 

 

 

どれくらいの期間続ければいいのかしら?

 

ホットヨガを行う期間は?


ホットヨガを始める動機は人それぞれあります。ダイエット目的やストレス解消、体を鍛えたい人から体質改善まで、様々な効果が期待できるのがホットヨガの素晴らしいところです。

 

ただ、どの程度、ホットヨガを続ければ効果が出るのかというのは、誰しも知りたいところだと思います。ホットヨガを始めた初心の方が、自分で効果を実感できるまでの期間の目安について考えてみましょう。

 

ホットヨガをどれぐらいの頻度で通うかによっても違いますが、週に2回程度から始めると、初心者でもホットヨガの効果を感じるのが加速するようです。ただ運動するというものと違って、ホットヨガは、それぞれのポーズの形や呼吸法がとても大切です。最初は、できるだけホットヨガと親しむ回数を増やし、体を慣れさせることをおすすめします。

 

さて、ホットヨガにトライすることで、どういった効果を期待するかで、目安となる期間は異なってきます。
効果が比較的出やすいのは、ダイエットです。週に2回から3回程度通えば、早い人で1ヶ月後には、体のスタイルに変化を感じるようです。ホットヨガでは、汗をしっかりとかくことができます。単に体を動かすことに加えて、デトックス効果も抜群です。ダイエットとデトックスを同時かつ強力に行えることで、体が痩せやすい体質へと変化していくので、ホットヨガをすればするほど体が軽くなるのを実感していけます。

 

ホットヨガに通う目的として、姿勢矯正や体質改善といったものをイメージする場合もあります。ダイエットやデトックス効果が比較的早い段階で効果を感じやすいのに比べると、もう少し期間が必要となります。

 

ホットヨガもあくまで健康法やエクササイズの一つです。短期集中で一気にやったからといって、その分、効果が数倍もやってくるというわけではありません。週に数回程度、無理のないかたちで続けていくことが、遠回りのようでいろいろな効果を体感できるまでの期間を短縮化できるといえるでしょう。

 

 

 

食事はどうすれば?

 

ホットヨガを行う前後の食事


ホットヨガで大切なのは、食事についてです。食事を摂るタイミングや腹具合によって、エクササイズの効果に影響がでるおそれもあります。

 

基本的に、食事をした直後の満腹な状態でホットヨガをするのは避けましょう。お腹がいっぱいのまま体を動かすと、胃腸に負担がかかったり、消化不良や気分を悪くする原因になります。とくにホットヨガでは、高温多湿なエクササイズルームで時間を過ごします。いわゆる「蒸し暑い」状態で1時間程度のエクササイズを行うわけです。こうした環境下では通常よりも体への負荷が大きくなります。

 

まず、ホットヨガの前後で食事をする場合は、2時間程度前までに食事を済ませるようにします。お腹がこなれて消化が進んできた頃合いなら、体への影響も心配が少なくなるからです。

 

一方、ホットヨガをしたあとは、お腹も空いて早く食事を摂りたくなるかもしれません。ただ、運動後にいきなり食事をするのも、全身の血行がよくなっているところに急遽消化のため胃に血流を戻さなくてはならないためよくありません。できれば、1時間はホットヨガの後休むことをおすすめします。

 

なお、ホットヨガの前後に摂る食事の内容も大切です。
とくに、エクササイズの前なら、肉や玉子のように消化に時間がかかるようなものは避けて、軽食程度にしておくとよいでしょう。フルーツや野菜、お菓子やゼリーといった、胃に負担のかかりにくいものがホットヨガにはぴったりです。

 

もちろん、ホットヨガをした後も、重たい食事は控える方が無難です。体を動かした後の空腹状態で、カロリーの高い食事を摂ると、吸収率が高くなるためダイエット効果が小さくなってしまいます。当然、お砂糖たっぷりのお菓子や脂肪分の多い食事ではなく、バランスの取れたヘルシーなメニューを心がけることが大切です。

 

ホットヨガは、思った以上に体力を消耗する、エクササイズ効果にすぐれた運動です。できるだけその前後には、軽めの食事で胃に負担を掛けないことがポイントです。

 

 

どうでしたか?素朴な疑問は、解決できたでしょうか?

 

さぁーあなたも、ホットヨガの効果を期待して、ホットヨガを始めてみましょう!

 

 

 

おススメのホットヨガスタジオは?

 

 

このサイトでは、今、非常に人気のあるホットヨガスタジオ、
  • LAVA(ラバ)
  • CALDO(コルド)
  • BIKRAM(ビクラムヨガ)
を紹介しています。 詳細は、こちらのページをご参照ください。

ホットヨガ

 

 

ホットヨガに関するQ$A。続ける期間、食事は?服装は?関連ページ

ストレス解消に最適です!
ホットヨガを始める前は、体調だけでなく精神面でも不安定でしたが、今では良い意味で安定して過ごせていますし、日常の疲労感の軽減は常に実感出来ます。
ダイエット効果の体験(産後編)
ホットヨガ効果の一つがダイエット。特に出産を終えた女性の悩みの一つが、なかなか体型が戻らないこと。ここでは、出産を終えてこのような悩みを抱えてしまった方の、ホットヨガ体験談をご紹介します。
美肌効果が凄い!
ホットヨガの効果の一つに、美肌効果が挙げられます。ヨガを終えた後は、汗がたくさん出て、肌が明るくなり、ツヤツヤになります。
肩凝り解消にホットヨガはおすすめ
ホットヨガで肩凝り解消!ホットヨガを実際に体験した女性に、本人が感じた効果を語ってもらいました。是非、参考にしてみてください。
ホットヨガの体験です。
ホットヨガの体験が終わると、身体が軽くなったように感じたのです。ダイエットのためにも、身体の健康のためにも、続けてみようかなと思っています。
ホットヨガの様々な効果を実感
ホットヨガを体験し、色々な効果を実感しています。ダイエットはもちろん、骨盤の調整、美肌、むくみの解消などです。
ホットヨガの様々な効果を実感
ホットヨガを体験し、私の場合、脂肪燃焼、美肌、肩凝り・冷え症の改善等の効果を実感しました。
事例:私がホットヨガを始めた理由について
ホットヨガを始められる理由は、人それぞれです。ホットヨガの効果にもありますように、様々な効果が期待できますし、その中でも、ある特定の効果を期待して始められる方もおられます。ホットヨガを始められた典型的な事例を3つ程ご紹介します。